カテゴリー別アーカイブ: 世界の二日酔い対策

ロシアの二日酔い対策

russia_flag_02

ロシアのお酒と言えばもちろんウォッカ
「ウォッカを飲めないヤツはロシア人と認めない」と言われるほど国民に愛されているお酒です。

氷を入れずにショットグラスでクイッと飲むのがロシア流。水で割るどころかカクテルすら邪道と言われてしまいます。

そんな酒豪のイメージが強いロシア人ですが何事にも限界というものがあり、度が過ぎればやはり二日酔いになってしまいます。
そんな時ロシアの人たちは何をしているのでしょうか?

ロシアの二日酔い対策を見て行きましょう。

続きを読む

ドイツの二日酔い対策

germany_flag_02

ドイツと言えばもちろんビール。
国内に1300以上の醸造所、5000以上の銘柄がある言わずと知れたビール大国です。

ドイツもまた他のヨーロッパ諸国同様にお酒に強い国です。ドイツ人を含むヨーロッパの白人は「コーカソイド」と呼ばれ、私達「モンゴロイド」と違いお酒に弱い「下戸の遺伝子」を持っていません。このためほぼ全員が酒豪なのです。

この高いアルコール分解能力のおかげでしょうか、ドイツではビール・ワインであれば16歳から飲むことができます。ジンやウォッカなど度数が高いお酒でも18歳から許可されています。

そんな国民総酒豪の彼らも限界を超えて飲めばやはり二日酔いになってしまいます。
ドイツではどのような二日酔い対策をしているのでしょうか。

 

続きを読む